ヴィンテージカ―とは?

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヴィンテージは、ワインなどが優良であること
あるいは古いというような意味に使われますが、
ヴィンテージカ―も同様に古い優良な車のことをいいます。

古い車は、クラシックカーとも呼ばれることもあります。
この呼び方は使われる意味が広く、
概ね25年以上前に製造された車に適用されるのに対して、
ヴィンテージカ―の意味するところは、
例えば欧米では1919年から1930年の間に製造された
車に限定していたりしますので、
国によってヴィンテージカ―の言葉の定義は異なっています。

vintage.jpg


日本の場合には、ヴィンテージカ―といいますと、
概ね1970年代以前に製造されていた国産車
あるいは輸入車を指していることが多いようです。

中でも1960年代から1970年代かけて製造された国産車や
一部の輸入車は流通している台数も多く、
価格も手頃ですから手に入れやすいでしょう。

このように古い車は、そのままでは使えないことも多いですから、
レストア(再整備)に購入代金の何倍もかかることも珍しくなく、
それに費やす時間も短くありません。

もちろん希少価値の高いものなので、
ヴィンテージカーそのものの値段も安いものではありません。

そうなるとお金を工面する必要がでてくるわけですが、
お金を借りることができるかどうか、というのも審査がはいってくることになります。

不安がある方はこのようなサイトを参考にしてみると良いでしょう。
主婦が即日キャッシングするためのサイト

大変な思いをしても、レストアの済んだヴィンテージカ―を運転するということは、
それを成し遂げた人にしかわからない喜びがありますし、
現代の車にはないノスタルジーも感じられ、満足度はこのうえないものといえるでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.practicalpaleoliving.com/mt-tb.cgi/1

コメントする